HOME > 常昌院について

常昌院について

常昌院

住職のご挨拶

天利 俊介こんにちは、住職の天利 俊介です。
雲渓山常昌院は、400年の歴史を持つ、曹洞宗のお寺です。

当寺は、東京方面から最初の山となる鳶尾山(とびおやま)を背後に擁し、古くは修験の信仰が深く根づく「里山の寺」です。

開創以来、伽藍は増え、寺域も拡大しましたが、残念ながら、昭和に入り、大火による御堂の消失や、周辺の森林開発など、お寺を取り巻く環境は大きく変わりました。そうした中でも、地元の信仰の寺として、多くの人達に支えられ、今日までその信仰と活動は脈々と引き継がれてきました。

私は、歴史の風雪に揉まれながらも、里山の暮らしとともに続いてきたこの常昌院を、今の時代にあった形で再興していきたいと思っています。

お寺の行事に参加したり、四季の草花を愛でたり、誰もが気軽に訪れることができる”やわらかな場所”をめざしています。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
歴史と背景 主な活動と行事

雲渓山 常昌院 基本情報

宗派 曹洞宗(禅宗)
山号 雲渓山
寺名 常昌院
本尊 釈迦牟尼佛
所在地 神奈川県厚木市棚沢1276(アクセス)
TEL:046-241-0090
FAX:046-242-4155